オリジナルチームTシャツの種類について

オリジナルチームTシャツの価格について

オリジナルのTシャツを作る際には、いくらくらい必要になるのでしょうか?自分たちだけのオリジナル
のTシャツは魅力的だが、あまりに高いようでは無理だ、という考えの方もいらっしゃるのではないかと思います。しかし、例えば学生の文化祭などでもオリジナルのチームTシャツが利用されているように、そんなに高いものではありません。一体オリジナルのチームTシャツはいくらくらいなのでしょうか?
 
オリジナルのTシャツを作る価格が、市販のTシャツと同じだとしたらそんなに高くないと感じるのではないかと思います。しかし、その市販のTシャツにも安いものから値の張るものまで様々ですし、どのくらいの価格が安くて高いかはその人の基準によって異なります。そのため一概に言えることではないのですが、実はオリジナルのTシャツの価格も同様に、一概に言えるものではないのです。
 
というのは、オリジナルのチームTシャツは、利用するTシャツの素材、Tシャツの枚数、それからプリントの大きさや色合いなどによって価格が変わってくるからです。例えば、最も安い生地のTシャツで最小限のプリントをして大量に発注するというのであれば、1枚当たりのコストはかなり抑えらえるのではないかと思います。

しかし逆に、最も良い素材のTシャツに最大限のプリントを施し、さらに発注枚数がかなり少ないとなると、1枚当たりの価格が割高になります。Tシャツの素材はそのTシャツそのものの価格になりますので、生地によって価格が異なるのが何となくお分かりいただけるのではないかと思います。また、プリントの価格も、作成する版代やインクの量、種類などによって変わってくるのがわかるのではないでしょうか?
 
それでは、発注枚数で価格が変わるというのはどういうことなのでしょうか?オリジナルのチームTシャツを作る際には、プリントを施す前に、そのプリントの元となる版を作成することになります。その版の作成費用がTシャツの料金とは別にかかります。例えば1枚しか作らない場合はその版代が1枚に上乗せされますが、100枚作る場合には100分の1になるわけですから、Tシャツが多いほうがお得なのです。
 
また、業者によっては何枚以上頼んだらTシャツが何枚か無料でついてきたり、大量に頼む場合はそれ用の料金を設けているところもあります。仮に大量発注用の料金がない業者であったとしても、例えば1000枚作るから割引してほしいということを伝えれば、場合によっては交渉に応じてくれる可能性もあります。
 
このように、オリジナルのチームTシャツの価格は、様々な要素が混ざり合って決められますので、今ここで、1枚あたりいくらです、とお伝えすることができません。まずは、ご自身のご希望のデザインや生地、それから発注枚数などを決めたうえで業者に見積もりを出してもらいましょう。そのうえで高いか安いかを判断し、業者と相談しつつ価格を変えていくのが良いのではないかと思います。